マネージド Wi-Fi サービス

優れたマネージド Wi-Fi サービスは拡張可能な優れた Wi-Fi から始まる

数年前まで Wi-Fi は「あれば嬉しい」アメニティでした。今日では、電気や屋内の上下水道と同じように、一般的なユーティリティと見なされています。さまざまな規模の企業に務める従業員、小売店の買い物客、大規模公共施設の来訪者を含め、誰もが Wi-Fi に依存しています。ビジネスや施設はこれに対応しなければなりません。

この飽くことを知らない Wi-Fi への渇きは、マネージド サービス プロバイダー (MSP) にとって、非常に大きな商機となります。事実をよく観察すれば理由がわかります。企業は、安定した Wi-Fi を提供しなければならないことは理解していますが、自社でそれを導入した場合のコストと管理費を理由に、二の足を踏んでいる状況です。MSP は、優れた Wi-Fi を、企業の顧客が照明のスイッチをオンにするのと同じぐらいシンプルなものにすることが可能です。ラッカスはそれをサポートできます。 

詳細

より高速かつ簡単で、安定性の高い Wi-Fi を顧客に提供

ラッカスを使用すれば、優れた Wi-Fi を事実上あらゆるビジネスや公共施設に簡単に導入できます。高キャパシティの 802.11ac、メッシュ ネットワーキング、アダプティブ アンテナ技術、その他のラッカス Smart Wi-Fi 技術ブレークスルーを活用し、密集した環境でも高速で安定した接続を全ユーザーに提供することが可能です。

売上の増加

MSP にとって、マネージド Wi-Fi は、顧客にとって必須のサービスから毎月繰り返し生み出される収益の源泉になります。また、ブロードバンド バックホール、セキュリティ、位置情報ベースのサービスなど、他のサービスを追加できる機会でもあります。さらに、MSP は他社に先んじて新市場に参入することで、持続的な競合優位性を確立できます。

成長を見据えて構築されたシステムを使用

煩雑さを Wi-Fi から取り除けば顧客を満足させることができますが、サービスの運用と拡張が困難であれば持続的なビジネスは望めません。これに対するソリューションは、ネットワーク機能仮想化 (NFV) です。つまりマネージド WLAN インスタンスを仮想化し、ネットワークへの顧客接続と接続解除を、拡張可能な方法で、出来る限り低コストで素早く行えるようにすることです。

Ruckus 的 Virtual SmartZone 可替「按需付費」的託管 Wi-Fi 提供平台。VMware 環境や KVM 環境とシームレスな統合を念頭に設計されているため、あらゆる顧客に柔軟な WLAN サービスを提供できます。マルチテナント向けに、スケールアップとスケールアウトの機能を自動化することで、マネージド サービスをシンプルに運用できます。また、優れたワイヤレス体験を確保しながら、ビジネスと顧客の変化するニーズに対応し続けることが可能です。

事例

https://res.cloudinary.com/ruckus-wireless/image/upload/ar_16:8,c_fill,g_auto,q_... Odin, Service Provider, Netherlands

Installing over 5,000 Ruckus access points in the market, schools now have a top notch network that’

Odin, Service Provider, Netherlands

Read more
https://res.cloudinary.com/ruckus-wireless/image/upload/ar_16:8,c_fill,g_auto,q_... WiFirst

Superior Technology and Easy Management Provides End-users with Quality Service

WiFirst

Read more
https://res.cloudinary.com/ruckus-wireless/image/upload/ar_16:8,c_fill,g_auto,q_... JCDecaux

JCDecaux is an outdoor advertising company who address clients through the panels on the streets, di

JCDecaux

Read more