HotSpot 2.0

ネットワーク セキュリティ

概要:

Hotspot 2.0 によって、Wi-Fi ローミングは携帯電話のローミングと同じくらいシームレスになります。携帯電話がローミング パートナー ネットワークを自動的に見つけ、どこに行ってもセキュアに接続するように、ユーザーは Wi-Fi で同様の体験を得られます。

利点:

大部分のワイヤレス ユーザーは、携帯電話の課金超過を避ける目的で、あるいは Wi-Fi のみのデバイスを使用していることが理由で、Wi-Fi 接続を優先させます。使用可能なネットワークを検索してパスワードを入力したり、ポータルからログインしなくてはいけません。Hotspot 2.0 と 802.11u 規格を使用すれば、このような操作は不要になります。では、仕組みをご説明しましょう。

ワイヤレス プロバイダー、つまりケーブルまたはモバイル プロバイダーや企業などは、他のプロバイダーとローミング提携をします。ユーザーのデバイスには正しいログイン情報とセキュリティ証明書がロードされます。この状態で、ユーザーがホーム ネットワーク プロバイダーの守備範囲外に出ると、デバイスでは参加しているローミング パートナーの Hotspot 2.0 対応 AP が自動的に確認されます。該当する AP が見つかると、何もしなくても自動的に接続されます。