クライアント ロード バランシング

パフォーマンス最適化

概要:

クライアント ロード バランシングによって WLAN は複数の AP に新規の接続を分散させ、ネットワークと無線スペクトラムを最大限に活用します。

利点:

1 つの AP に接続されるクライアントの数が多すぎると、各デバイスで使用できるキャパシティが減り、パフォーマンスが低下します。ただし多くの環境では、クライアントは複数ある AP のどれにでも接続できます。ラッカス Ruckus AP と ZoneDirector ソフトウェアでは、同じ環境に含まれるすべてのクライアントを追跡し、接続をできるだけ均等に配分して各デバイスが強い信号を得られるようにします。これにより、WLAN でキャパシティが有効活用され、ユーザーのスループットと品質が向上します。