802.11ac 対 802.11n

一般的なネットワーキング技術

概要:

802.11 は、米国電気電子学会 (IEEE) が定めたワイヤレス規格のひとつです。802.11n は2009 年の古いバージョンの Wi-Fi で 以前のバージョンの Wi-Fi が改善されて、複数の無線、高度な送受信技術、5 GHz のスペクトラムを使用するオプションが加わったことで、最大 600 Mbps のデータ速度が実現されました。

2014 年にリリースされた 802.11ac は最新世代です。それにより、最大 4 つの装置上でマルチユーザーによる多入力・多出力 (MU-MIMO) 技術を使用して、より広範囲のチャネルおよび最大 8 つのデータストリーム (「空間ストリーム」) をダウンリンクと共に利用することができます。これらは以前の規格からの変更点であり、最大データ速度は 3 Gbps を上回りますが、将来はさらに向上する見込みです。また、干渉が比較的少なくキャパシティの大きい 5 Ghz 周波数帯で動作します。

利点:

現在広く導入されているのは前世代の 802.11n 技術で、多くのアプリケーションでは今でも十分な性能を確保できます。しかし、ワイヤレス インフラストラクチャを導入している場合、特に新しい「グリーン フィールド 」形式で導入している場合は、802.11ac は最適です。実環境での 802.11ac スループット利得が期待どおりでないという不満を耳にしたことがあるかもしれません。確かに初期の製品では、そのようなこともありました。第二世代の 802.11ac は「Wave 2」と呼ばれており、802.11n よりもさらに大きな利点があり、今後まだまだ成長の余地があります。ただし 802.11ac を最大限に活用するには、強固なワイヤレス基盤、綿密な無線設計、そして非常に高性能なアンテナが組み込まれたソリューションが必要です。