ラッカス辞典

802.11ac 対 802.11n

一般的なネットワーキング技術

概要:

802.11 is a family of wireless standards created by the Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE). 802.11n is the older version of Wi-Fi, launched in 2009. It improved over previous versions of Wi-Fi with multiple radios, advanced transmit and receive techniques, and the option to use 5 GHz spectrum-all of which translate to a data rate of up to 600 Mbps.

2014 年にリリースされた 802.11ac は最新世代です。 It adds wider channels and the ability to utilize up to eight data streams ("spatial streams") with downlink using multi-user multiple input, multiple output (MU-MIMO) techniques for simultaneous transmission on up to four devices.これらは以前の規格からの変更点であり、最大データ速度は 3 Gbps を上回りますが、将来はさらに向上する見込みです。また、干渉が比較的少なくキャパシティの大きい 5 Ghz 周波数帯で動作します。

利点:

現在広く導入されているのは前世代の 802.11n 技術で、多くのアプリケーションでは今でも十分な性能を確保できます。 But if you're deploying wireless infrastructure today, especially in a new, "green field" deployment, 802.11ac is the way to go.実環境での 802.11ac スループット利得が期待どおりでないという不満を耳にしたことがあるかもしれません。確かに初期の製品では、そのようなこともありました。 But the second generation of 802.11ac-known as "Wave 2"-delivers major advantages over 802.11n, with room to grow.ただし 802.11ac を最大限に活用するには、強固なワイヤレス基盤、綿密な無線設計、そして非常に高性能なアンテナが組み込まれたソリューションが必要です。

802.11ac Wave 2

一般的なネットワーキング技術

概要:

802.11ac Wave 2 は最新の Wi-Fi 規格です。 It builds on first-generation 802.11ac technology by delivering faster data rates and the ability to communicate with four different clients simultaneously, instead of one at a time.

利点:

Since rolling out in 2015, 802.11ac Wave 2 has become the Wi-Fi technology of choice, seeing double-digit growth in its first two years after launch. 有線ネットワークと同等か、それを凌ぐワイヤレス速度を提供できるため、多くのビジネスは LAN 接続の主要な手段としてこれを使用しています。

Ruckus got in early on the 802.11ac game, offering one of the leading Wave 2 access points and the industry's first commercially available Wave 2 outdoor access point.今日、ラッカスは市場で入手可能な最大規模の Wave 2 製品ラインナップを用意しています。 By combining Wave 2 capacity with our technology breakthroughs in Smart Wi-Fi intelligence and antenna design, we're making the dream of super-fast 802.11ac a reality in thousands of locations worldwide.

802.11ax 

一般的なネットワーキング技術

概要:

802.11ax は最新の Wi-Fi IEEE ワイヤレス規格です。この新規規格は、さまざまな点で非常に進化しています。  It expands the multiple input, multiple output (MU-MIMO) techniques to transmit simultaneously on up to eight streams compared to four streams on 802.11ac Wave 2. Furthermore, it piggybacks on MU-MIMO with Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA) technology allowing each MU-MIMO stream to be split into four additional streams, boosting effective average throughput per user by four times.

1024-QAM によるモジュレーションとコーディングの新規セットを採用することで、パケットごとの送信データを増やし、スループットを向上させます。また、物理的および MAC レイヤーの全体的な効率を高め、バッテリー電力管理を改善します。

If earlier standard was like a long line of customers waiting in a grocery store for one cashier, MU-MIMO expanded it to four cashiers serving four lines of customers in 802.11ac. 802.11ax expanded it further to eight cashiers serving eight lines of customers.さらに OFDMA では、手が空いているときに {[#0]} つのレジで複数の買い物客に対応できるようになっています。最初の買い物客が何かを取りにレジをちょっと離れている間に、次の買い物客に対応できるといったことを想像してみてください。

利点:

Wi-Fi is now being deployed at crowded stadiums or busy airports with hundreds of thousands of devices fighting for bandwidth which the current 802.11ac standard has challenges in supporting. 802.11ax increase the average throughput per user by 4x in high-density scenarios.

The newest standard combined with Ruckus’ Ultra-High-Density Technology Suite will empower you to deliver the best end-user experience.

エアタイムの混雑解消

パフォーマンスの最適化

概要:

AP とクライアントは継続的に管理フレームを交換して、接続を維持します。エアタイム混雑解消は、AP と超高密度環境のクライアントとの管理フレーム交換を制限するラッカスの技術です。

利点:

超高密度 Wi-Fi 環境では、過剰な管理トラフィックが利用可能な Wi-Fi スペクトラムを飽和させます。これにより、接続が劣化し、クライアントごとのスループットが下がり、接続状況が悪くなります。クライアント体験が損なわれます。

エアタイム混雑解消技術により AP はクライアントを選択して応答できるようになるため、ネットワーク全体の効率が高まり、エアタイムの使用が増加して、結果的にユーザー体験が向上します。

Related Products and Solutions

エアタイム フェアネス

パフォーマンスの最適化

概要:

Airtime fairness is a feature on Ruckus APs that ensures all connected clients get the same amount of airtime, regardless of each device’s theoretical data rate.

利点:

Ever been in a conference room and noticed your wireless device isn't performing as it should? これは、一部のデバイスで古いワイヤレス技術が使われている混在環境や、一部のクライアントが他のクライアントよりもかなり離れた場所にある場合に見らる現象です。先生がおやつを配るときのように、アクセス ポイント間ではキャパシティが同等に共有され、各デバイスでは順に同数のパケットがダウンロードされます。 If your colleague's ancient laptop, or a tablet connected down the hall, takes a lot longer to download them, you'll feel that delay-and so will everyone else connected to that AP.一方、エアタイム フェアネスでは、受信するパケットの数にかかわらず各デバイスに同等の通信時間が与えられます。 So older or more distant clients don't slow everyone else down, and your network gains capacity.

アセット トラッキング

位置情報と分析

概要:

Asset Tracking is a way to keep track of a device’s location using Wi-Fi, radio frequency ID (RFID) tags, or a combination of both.

利点:

Many organizations-especially schools, hospitals, and others with large campuses-have lots of expensive equipment that moves around all the time. Whether it's tablets or laptops used by students and teachers, audiovisual equipment, lab or clinical equipment, organizations want to be able to know where their assets are located. 現代のワイヤレス技術では、{[#0]} つの方法でこれを行えます。Wi-Fi ネットワークに接続されているデバイスは、Wi-Fi 位置情報ツールを使用して位置を確認できます。RFID タグが付いている資産は、Bluetooth Low Energy (BLE) ビーコンを使用する同様のツールで追跡できます。 If you're using a Ruckus Smart Positioning Technology (SPoT), you can do both. Just open up the Locator feature in the SPoT Analytics Dashboard, enter in the device's unique MAC address, and you can:

  • Instantly pinpoint any device’s real-time location
  • デバイスの過去の位置と滞在時間の履歴ヒートマップを表示する
  • デバイスが特定の場所に入ったとき、またはその場所から離れたときにアラートが発行されるようにし、盗難や紛失を低減させる
  • 位置ベースの広告、ナビゲーション、その他のサービスに対応する
  • Better identify users’ locations during an emergency

バンド ステアリング

パフォーマンスの最適化

概要:

バンド ステアリングは、WLAN の接続にあたり、他の周波数帯域を避けて、ある {[#0]} つの周波数帯域に誘導する技術です。

利点:

現在の大部分のワイヤレス ネットワークでは、2.4 GHz と 5 GHz の両方の帯域を使用できます。 But 2.4 GHz is much more congested-both with older wireless clients, and things like cordless phones and Bluetooth devices that generate interference. For devices with "dual-band" capability, connecting over 5 GHz is usually the better choice.

With band steering, the wireless system monitors all clients in the environment, keeping track of whether they're single-band or dual-band, and which types of APs are in their proximity.デュアルバンド デバイスが 2.4 GHz で接続しようとすると、AP は代わりに干渉が少なく高キャパシティの 5 Ghz 周波数帯域で接続しようと試みます。 Users on the 2.4 GHz band win too, because they're now sharing that spectrum with fewer devices.

BeamFlex アダプティブ アンテナ技術

パフォーマンスの最適化

概要:

高性能の小型アダプティブ アンテナ システムで、アンテナ プロパティを電子的に操作する複数の要素が搭載されていて、通信相手の各デバイスに最適なアンテナ パターンを形成できます。

利点:

Traditional wireless antennas are either "omnidirectional" (radiating signals in all directions) or "directional" (radiating signals in one direction). ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術では、より適応力の高いアプローチをとっています。BeamFlex 技術では、ラッカス AP に搭載されているアンテナ システムが周囲の環境を持続的に感知して最適化できます。

このアンテナ システムでは無線干渉、ノイズ、ネットワーク パフォーマンスの問題が最低限に抑えられ、アプリケーション フローが改善されます。これには以下の利点があります。

  • パフォーマンスと信号到達範囲の向上
  • 非常に明瞭なビデオおよび音声通信
  • 電力効率の最大化

BeamFlex+ では、ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術を進化させ、アダプティブ技術をモバイル デバイスに適用できるようになりました。BeamFlex+ では、クライアント デバイスの場所に加えて、クライアント デバイスの向きにアンテナを適応させることができます。

ビームフォーミング

パフォーマンスの最適化

概要:

Beamforming is a technique APs use to focus their radio signals in the direction of the clients they're communicating with to gain better capacity and throughput. And while "beamforming" and Ruckus' "Beamflex" technology sound similar, they're not the same thing!

When most technology vendors talk about beamforming, they mean "transmit beamforming," (TxBF), which is achieved through signal processing built into the AP's chip. In contrast, Ruckus' Beamflex+ technology focuses radio signals using smart adaptive antennas. Beamflex+ は業界標準のチップの一部ではありません。 We add this capability-which works at the antenna-level-and we're the only vendor that has successfully implemented it.

利点:

AP からクライアントに信号が直接送信される場合、信号強度が上がり (スループットが向上)、空間全体のノイズが減少します (あちこちで跳ね返る信号からの干渉が減少するため)。このため、ビームフォーミングが優れていることは周知の事実です。しかし、一部のベンダーは TxBF だけで十分であると主張します。 That's not quite true.

Transmit beamforming requires feedback from the client-which means devices have to support the TxBF protocol to benefit from it, and many don't. Transmitters using TxBF also can't use spatial multiplexing at the same time (another technique that's widely used to get more capacity in the same airspace).

With Ruckus' revolutionary BeamFlex and BeamFlex+ Adaptive Antenna technology, you can provide benefits for all clients.このため、RF スペクトラムはノイズの少ない状態を保つことができ、ネットワークのスループットと信頼性が高まります。 Want to use both? You can: BeamFlex and BeamFlex+ technologies add benefit on top of whatever beamforming technology may be implemented in the chip.

Campus Fabric Technology

パフォーマンスの最適化

概要:

Based on open standard IEEE 802.1BR Bridge Port Extension technology, Ruckus Campus Fabric integrates premium, mid-range, and entry-level switches by collapsing the network access, aggregation, and core layers into a single domain that shares services.

コントロール ブリッジとポート エクステンダーは、Campus Fabric の構成要素です。従来のアグリゲーション / コア レイヤーは、完全な Campus Fabric 技術の頭脳であるコントロール ブリッジとして動作するスイッチに置き換えられます。アクセス レイヤーは、ポート エクステンダー モードで動作するスイッチに置き換えられます。これらのスイッチによって、PC、ラップトップ、IP 電話、その他のアクセス デバイスに接続することが可能になります。コントロール ブリッジは、IEEE 802.1BR 規格に定義されているプロトコルを使用して、接続されているポート エクステンダー デバイスと通信します。

利点:

従来のアクセス ネットワークは非常に効率が悪く柔軟性に欠けるため、ネットワーク チームは各ネットワーク デバイスに接続してリソースをプロビジョニングし、構成の変更を適用し、ネットワーク ポリシーをデプロイしなければなりません。

Unlike the traditional three-tier network design, Ruckus Campus Fabric collapses the network into a single logical device.この設計ではコントロールを一元化し、サービスの導入と管理を簡素化し、成長に合わせて簡単に拡張することが可能です。スイッチ間のリンクはすべて常時アクティブになっており、トラフィックのロード バランシングが行われます。つまり、以下の利点があります。

  • パフォーマンスの最適化
  • 耐障害性の向上
  • ネットワーク サービス導入の高速化

Campus Fabric: 2-Minute Explainer

証明書管理

Network Security

概要:

コンピューター ネットワーキングにおけるデジタル証明書とは、デバイスをネットワーク上で認証する基盤を提供するためにそのデバイスにインストールするドキュメントのことです。証明書管理とは、これらのデジタル証明書を管理するプロセスのことです。これには、作成、保存、配布、停止、失効などのプロセスが含まれます。認証局 (CA) は、証明書管理を行い、利用者の証明書の登録機関としての役割を担います。

利点:

自動ネットワーク オンボーディング処理の一環としてデバイスにデジタル証明書をインストールすると、ネットワーク認証を合理化し、各接続を確実にセキュアにできます。 Users who have installed a certificate on their device during initial onboarding no longer have to take any action to re-authenticate on future connection attempts-the device connects automatically in a process that is transparent to the user.証明書は、IT 管理者が取り消すまでデバイス上に保管されます。従来の事前共有鍵や MAC 認証などデフォルトのネットワーク オンボーディングおよび認証方法では、セキュア オンボーディング プラットフォームで配布されたデジタル証明書のようにセキュリティやユーザー体験の利点がありません。

ChannelFly による高度なチャンネル選択

パフォーマンスの最適化

概要:

The ChannelFly dynamic channel management technology in Ruckus APs improves wireless performance by dynamically switching a client to a better channel when the one it’s using starts to degrade.

利点:

Most modern WLAN products can change a client's channel when the one it's using gets clogged with interference or too many devices. But there's no point in switching channels unless you know the new one will actually provide more capacity. And most channel management strategies don't do a great job of predicting. ChannelFly 技術では、利用可能なチャンネルをすべて評価し、AP のチャンネル切り替えを促す前に、実環境での各チャンネルのキャパシティ向上度を測定します。

ChannelFly 技術は当初、チャンネルが渋滞しがちなキャリア Wi-Fi 環境での使用を想定して開発されました。 Even in these dense public settings, it delivers multi-fold improvements in AP and network capacity-within seconds, automatically.

Citizens Broadband Radio Service (CBRS)

一般的なネットワーキング技術

概要:

In 2015, FCC authorized the use of the 3.5 GHz band (3550 MHz to 3700 MHz) for shared wireless access, opening up spectrum currently used by the US Navy and other DoD members.

The band utilizes standard LTE (in band 48) but it's unique in how spectrum is allocated: Usage is individually requested and assigned on a case-by-case basis. When the use of the spectrum is no longer required, the specific channel is freed up and made available to other users.

To use CBRS spectrum, one must request and be assigned a band by a Spectrum Allocation Server (SAS). The SAS calculates RF density and channel availability using terrain, radio propagation and current usage data before approving the request and allocating the spectrum.

Why should you care?

Shared spectrum with CBRS is a game changer in wireless connectivity in the US. It will enable simply better wireless experiences.

Who is this for? Basically everyone (in the US).

Mobile operators will leverage this band to augment their existing mobile coverage.

Cable operators will be able to utilize this spectrum in their new wireless offerings.

Organizations in the U.S. will, for the first time, be able to build their own LTE networks to address their most challenging business-critical use cases with CBRS.

Once CBRS supported mobile phones will be prevalent venues will be able to deploy neutral host networks. A single CBRS small cell will be able to provide cellular coverage to multiple operators. This could address in-building coverage issues with a very cost effective and straightforward solution.

Related Products and Solutions

クライアント ロード バランシング

パフォーマンスの最適化

概要:

クライアント ロード バランシングによって WLAN は複数の AP に新規の接続を分散させ、ネットワークと無線スペクトラムを最大限に活用します。

利点:

When too many clients connect to a single AP, there's less capacity available for each device, and poorer performance. ただし多くの環境では、クライアントは複数ある AP のどれにでも接続できます。 Ruckus APs and ZoneDirector software track every client in the environment and distribute connections more evenly, while making sure that each device has a strong signal.これにより、WLAN でキャパシティが有効活用され、ユーザーのスループットと品質が向上します。

Client Roaming and SmartRoam+

パフォーマンスの最適化

概要:

クライアント ローミングを使用すると、ワイヤレス デバイスが移動するのに合わせて、{[#0]} つの AP から別の AP へと素早くインテリジェントに切り替えることができます。遅延およびサービス品質 (QoS) に敏感な音声やビデオなどのアプリケーションでは、遠くに移動するときに {[#0]} つの AP に接続されたままになるとパフォーマンスが低下してしまうため、この切り替えが特に重要になります。

利点:

If you're using a mobile device, you're likely to be, well, mobile. Which means your experience will suffer if your device doesn't know when to switch from the AP you connected with when you walked in the door to the one across the convention hall where you are now. Unfortunately, many devices get "stuck" to their previous AP for too long. これは音声およびビデオのアプリケーションで特に問題になり、高密度環境における不満が出る要因となっています。

ラッカス SmartRoam+ 技術を使用すれば、信号が弱くなりすぎた時点でクライアントの接続先が新しい AP に強制的に切り替えられ、 ユーザーのローミング体験は向上します。 And, even more important in dense public venues, you won't waste network capacity communicating with too many devices over slower, weaker connections.

ダイナミック事前共有鍵 (DPSK)

Network Security

概要:

ダイナミック事前共有鍵 (DPSK) は、ラッカスが特許を取得した技術で、各デバイスまたはユーザーに一意のログイン情報を渡すことによってセキュアなネットワーク アクセスを実現します。 Users access the wireless network using their own personal key, which is provided as part of the network onboarding process.一方、従来の事前共有鍵 (PSK) では、複数、もしくはすべてのユーザーが同じ鍵を共有します。

利点:

従来の事前共有鍵は、複数のユーザーが同じ鍵でネットワークにアクセスするため、ネットワーク防御におけるセキュリティ ホールができてしまいます。従来の PSK では IT チームは可視化を行えず、ネットワークに接続されているデバイスを制御することができません。また、アクセス ポリシーを特定のユーザーやデバイスにマッピングすることも不可能です。ユーザーは従来の PSK を他のユーザーと単に共有するだけなので、IT が {[#0]} 人のユーザーのアクセスを取り消すためには、全員のアクセスを取り消さなければなりません。DPSK では、従来の PSK のセキュリティ上の欠陥に対応し、ユーザー、デバイス、データ、およびネットワークのセキュリティを強化しています。

DPSK はデジタル証明書の代わるものとして使用され、同様のセキュリティ上の利点があります。ユーザーの経験を考慮しデジタル証明書をデバイスにインストールすることが現実的でない場合に適しています。 This applies in cases where the user will only need network access for a limited time-for example, in the case of guest users.

フットフォール分析

位置情報と分析

概要:

フットフォール分析とは、公共施設 (特に小売店) でのワイヤレス ネットワークを使用し、実環境における顧客の行動について深い洞察を得るための手法です。

利点:

オンラインは現代の小売事業にとって非常に重要ですが、買い物体験の中では未だに実店舗が大きな役割を果たしています。最近は世界中の小売業者が位置情報分析を使用し、オンラインに見られるような、パーソナル化されターゲットを絞った買い物インテリジェンスを実店舗で活用しています。ラッカス Smart Positioning Technology (SPoT) などの位置情報分析ソリューションでは、小売業者は顧客が空間をどのように使用しているかを正確に把握できます。店内のトラフィック パターンを表示する、商品の最適な場所を棚レベルで特定する、店舗レイアウトを最適化する、売上と施設滞在時間を伸ばす、その他様々なことを行えます。

HotSpot 2.0

Network Security

概要:

Hotspot 2.0 によって、Wi-Fi ローミングは携帯電話のローミングと同じくらいシームレスになります。携帯電話がローミング パートナー ネットワークを自動的に見つけ、どこに行ってもセキュアに接続するように、ユーザーは Wi-Fi で同様の体験を得られます。

利点:

Most wireless users prefer to connect to Wi-Fi whenever they can, either to avoid cellular data overages, or because they're using a Wi-Fi-only device. But they have to work for it-finding and selecting the right network, entering a password, logging on through a portal. Hotspot 2.0 と 802.11u 規格を使用すれば、このような操作は不要になります。 Here's how it works:

Wireless providers-cable or mobile providers, enterprises, and others-join roaming partnerships with other providers. Users' devices are loaded with the right credentials and security certificates.この状態で、ユーザーがホーム ネットワーク プロバイダーの守備範囲外に出ると、デバイスでは参加しているローミング パートナーの Hotspot 2.0 対応 AP が自動的に確認されます。該当する AP が見つかると、何もしなくても自動的に接続されます。

モノのインターネット (Internet of Things: IoT)

一般的なネットワーキング技術

概要:

The Internet of things (IoT) refer to common physical devices – such as an electric bulb, lock, washing machine or even an automobile augmented with software and internet connectivity.

利点:

直接的な利点は、これらの IoT デバイスを世界中のどこからでも監視して制御できることです。IoT デバイスはデータを収集でき、そのデータをユーザー体験の向上、組織効率性の改善、組織のコストの削減に役立てることができます。また、組織は IoT を使用して、既存の商品と連携する新しいサービスを提供できます。

たとえば、スマート ロックで住宅所有者やホテル宿泊客のセキュリティを改善できます。インテリジェントな照明制御を使用すれば、エネルギー使用量を削減できます。さらに、接続された屋外用ごみ入れでは、満杯時に廃棄物管理事業者に通知し、収集を依頼できます。

Related Products and Solutions

モノのインターネット (IoT) アクセス ネットワーク

一般的なネットワーキング技術

概要:

An IoT access network connects both Wi-Fi and non-Wi-Fi IoT endpoints over a converged, multi-standard, physical network. 

利点:

IoT アクセス ネットワークは、一括化された、マルチスタンダードの物理ネットワーク経由で、Wi-Fi 対応および Wi-Fi 非対応の両方の IoT エンドポイントに接続します。このようなネットワークでは、既存の有線/無線ネットワークのデバイス オンボーディング、セキュリティ、および管理のインフラを統一して再利用し、コストを削減できるため、IoT エンドポイントとサービスから利益を得るまでの時間を短縮できます。

Related Products and Solutions

メッシュ ネットワーキングと SmartMesh

パフォーマンスの最適化

概要:

You're not crazy if you think that wireless networks should be… wireless. ところが従来の WLAN では、各 AP までケーブルを敷く必要がありました。メッシュ ネットワークでは、各 AP が互いにワイヤレス接続されます。

利点:

Who wouldn't want to eliminate the need for expensive Ethernet cabling across their facilities? しかし、エンタープライズへのメッシュ ネットワーク導入は容易ではありません。 Traditionally, it's required a lot of complex configuration, and it's been hard to assure consistent, reliable connectivity.

With Ruckus SmartMesh Networking technology, we've made mesh networks enterprise-grade.各 AP で複雑な設定を順に行わなくとも、ボックスにチェックを付けるだけで設定が完了します。メッシュは自動的に形成されます。また、ラッカスの BeamFlex 技術では、AP のアンテナ パターンがパケットごとに動的に変更されて環境に適応し、安定した接続が確保されます。エンタープライズは、従来のワイヤレス導入費用の半分の時間と費用で、自己形成型、自己修復型のメッシュ ネットワークを手にすることができます。

マルチギガビット技術

一般的なネットワーキング技術

概要:

Multi-gigabit technology and specifically the IEEE 802.3bz standard, formally introduced as 2.5GBASE-T and 5GBASE-T in 2016. IEEE 802.3bz はツイストペア銅線経由イーサネットの規格で、速度は 2.5 Gbps または 5 Gbps です。

利点:

ギガビット接続は、何年間も便利に利用され、ラップトップやスマートフォン、その他のデバイスに遅延の少ないデータを高速で提供してきました。しかし、最新のアクセス ポイントの場合、1 GbE 接続では力不足であるため、有線ネットワークがパフォーマンスのボトルネックとなっています。マルチギガビット技術は 1 Gbps 以上で動作し、新たな 2.5 および 5 Gbps のデータ速度に対応しながら、一般的に導入されている Cat 5e (2.5 Gbps 用) および Cat 6 (5 Gbps 用) 配線も活用します。このため、企業は費用効率を最大限に高めながら中断を最低限に抑えて、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化することができます。Ruckus ICX Z シリーズ スイッチと Ruckus R720 アクセス ポイントは、マルチギガビット技術と 802.3bz に対応しているため、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化するために役立ちます。

ネットワーク キャパシティ利用

パフォーマンスの最適化

概要:

ネットワーク キャパシティ利用では、内蔵のアダプティブ クライアント管理技術でクライアントの負荷を多数の AP、多数のバンド幅にわたって均等に分散し、超高密度環境で AP からクライアントへの最適なリンクを維持することで、ネットワーク全体のキャパシティとエアタイム使用率が向上します。

利点:

高密度ネットワークでは AP のクライアント ロードが不均一になり、ネットワーク全体のキャパシティを効率的に利用できません。このため、クライアントから AP へのリンクの品質が最適にならず、クライアントのスループットが低下します。

ネットワーク キャパシティ活用では、リアルタイム学習技法を採用し、動的ネットワーク ロードに応じてリンク品質とキャパシティを向上させながらクライアントと AP を関連付けるため、ネットワーク全体のキャパシティが増加し、クライアントごとのスループットが増加し、ユーザー体験が向上します。

Related Products and Solutions

ネットワーク コントローラー

一般的なネットワーキング技術

概要:

ラッカス ネットワークの用語で SmartZone™ ネットワーク コントローラーとは、ラッカス アクセス ポイント (AP) とラッカス スイッチを監視、管理、制御するために使用する物理または仮想ネットワーク要素を指します。 When updated to the SmartZoneOS 5.0 release, all SmartZone WLAN controllers, e.g. SmartZone 100, Virtual SmartZone - Essentials, become SmartZone network controllers.

利点:

Within the networking industry, managing a network of both APs and switches ("unified management") has traditionally required the use of a separate network management system above and beyond the WLAN controller. 別の管理システムには、少なくとも別のソフトウェア ライセンスと、{[#0]} つの異なるシステムでトレーニングを受けた IT スタッフが必要です。その結果、時間が余分にかかり、費用と複雑さが増すことになります。

ネットワークの管理で、同様の方法を利用できるようになりました。Ruckus SmartZone ネットワーク コントローラーは、IT が {[#0]} つのコントローラー マネージド システムと {[#1]} つのユーザー インターフェイスを使用して、LAN と WLAN の両方を管理できる業界初のアプライアンスです。このアプローチでは IT のさまざまなタスクが簡単になります。たとえば、スイッチと AP の両方で {[#0]} つの自動検出処理を行え、スイッチと AP をカバーする共通のアクセス ポリシーを簡単に作成できます。

OpenFlow Hybrid Port Mode

パフォーマンスの最適化

概要:

Ruckus OpenFlow hybrid port mode allows users to enable OpenFlow on any desired port on the Ruckus ICX switch while supporting other traditional switching features concurrently without increasing latency.

利点:

お客様は、既存の実稼働ネットワークに OpenFlow オーバーレイを作成することを望んでいます。OpenFlow オーバーレイは、新しいプレミアム サービスと SDN アプリケーションをアンダーレイ ネットワーク上でサポートするために使用します。 With Ruckus hybrid port mode, a separate network is not needed to realize the benefits of SDN and OpenFlow.

ポート オン デマンド

パフォーマンスの最適化

概要:

The Ruckus ICX 7250 Switch has 8 ports that can be upgraded to 10 Gbps port speed with one or more Ports on Demand (PoD) licenses.

利点:

アップリンクまたはスタッキング向けに、1 GbE から 10 GbE のポートを柔軟にライセンシングできるため、組織は、ソフトウェア ライセンスを適用するだけで、特定の要件に基づいてネットワーク パフォーマンスを最適化できます。これによってハードウェア モジュールを別に設置する必要がなくなるため、ネットワークやインフラストラクチャのアップグレードが容易になります。つまり、以下の利点があります。

  • ネットワークの変更とニーズに合わせた対応の高速化
  • ラッカス スイッチの費用対効果が高まる
  • パフォーマンス/キャパシティのニーズが拡大しても投資を有効活用できる

セキュアなゲスト アクセス

Network Security

概要:

Visitors to any environment-schools, colleges, government agencies, retail, hospitality, offices or practically anywhere-arrive expecting easy and secure connectivity for their devices. Secure guest access means allowing visitors (vendors, partners, consultants-visitors of any kind) a way to securely access the internet and/or local network resources services over the wireless or wired network.

利点:

適切に設定した場合、ゲスト アクセスは、提供側とエンド ユーザーの両方にとって有益です。ネットに素早く簡単に接続できれば、ゲスト ユーザーの生産性が高まります。インターネット接続があれば、訪問者はその場所で目的のビジネスやその他のアクティビティを行うことができ、それが組織の利益にもなります。最新のゲスト アクセス システムで、訪問者は IT の介入なしに各自のデバイスをインターネット アクセス用にセキュアに自己プロビジョニングできるため、費用と労力のかかるヘルプ デスク チケットを回避できます。こうしたシステムでは、IT チームが、スポンサー開始型、スポンサー承認型、完全なセルフサービス型などにネットワーク オンボーディング ワークフローをカスタマイズできます。ゲストは個別のログイン情報を SMS、電子メール、または印刷されたクーポンで受け取ります。

IT teams can customize the onboarding portal so that the look and feel supports the organization's brand.また、ユーザーの滞在時間に応じて、特定期間のアクセス許可を与えることができます。 Guest users typically get internet access only-they don't see internal network resources.IT はネットワークに接続されているデバイスを可視化して制御でき、アクセスをいつでも取り消せます。事前のセキュリティ ポスチャー (健全性) チェックと修整を行うことで、セキュリティがさらに強化されます。 

セキュア ネットワーク オンボーディング

Network Security

概要:

ネットワーク オンボーディングとは、BYOD、ゲスト、または IT 所有デバイスがネットワークに初めてアクセスするための処理です。セキュア ネットワーク オンボーディングは、ユーザー、デバイス、データ、およびネットワークにとってセキュアな方法で行うことを意味します。

利点:

BYOD やゲストユーザーはしばしばネットワーク オンボーディングの従来の方法にイライラを募らせます。 Default methods such as MAC authentications and conventional PSKs are not intuitive for users, leading to numerous help desk tickets. Default methods of onboarding and authentication are also not secure.セキュア ネットワーク オンボーディングの効果的なシステムにより、BYOD ユーザーのエンドユーザー体験が改善されます。IT スタッフは、ネットワーク アクセス関連の多数のヘルプ デスク チケットによる負荷から解放されます。また、階層化された保護戦略の一環として IT セキュリティが向上します。ラッカスでは、この目的のために Cloudpath Enrollment System ソフトウェア/SaaS を提供しています。

sFlow

位置情報と分析

概要:

sFlow is a standards-based packet sampling technology embedded into the Ruckus ICX Switches to provide network managers a scalable technique for measuring network traffic, collecting, storing, and analyzing traffic data. これにより、{[#0]} ヶ所から何万ものインターフェイスを監視することが可能になります。

利点:

ビジネス基幹業務のネットワーク サービスへの依存がますます強まる中、ネットワークに何らかの変更を加えると、ネットワークのパフォーマンスと安定性に影響が出ます。さまざまなリンクで sFlow を構成しておくと、以下の作業に役立てることができます。

  • これらのリンクにおけるトラフィックの統計とトレンドを分析する
  • 予期せぬネットワーク渋滞に対応する
  • キャパシティ プランニングを向上させる

SmartCast

パフォーマンスの最適化

概要:

SmartCast is a sophisticated quality of service (QoS) engine specifically developed to maximize the reliability and performance of delay-sensitive applications, such as IP-based voice and video over 802.11 networks. Based on patented technology, SmartCast delivers a collection of unique capabilities - such as packet inspection, automatic traffic classification, advanced queuing and scheduling.

利点:

With per-client queuing, SmartCast is ideal for video and voice over Wi-Fi applications because it ensures disruptive clients don’t negatively effect the performance of others clients on the network (no head-of-line blocking).

Related Products and Solutions

一時クライアント管理

パフォーマンスの最適化

概要:

Transient Client Management is a capability that delays associations of Ruckus AP’s with transient clients (devices that are in the AP’s coverage area for a short time) using statistical methods.

利点:

高密度 Wi-Fi ネットワークでは、すでに接続されているクライアントの接続状況が悪くなるユーザー体験を一時クライアントが損なう可能性があります。 This problem is typical in train stations, bus terminals and various public hot spot venues where thousands of devices moving through an area send management frames to an AP they don't intend to connect with.これにより、不要なトラフィックがネットワークに負担をかけ、Wi-Fi の速度低下を引き起こします。

一時クライアント管理により、ラッカス AP は既に接続されている一時的でないクライアントへの対応を最大にし、エアタイムの効率を高めることができます。

Related Products and Solutions

超高密度テクノロジー スイート

パフォーマンスの最適化

概要:

The Ruckus Ultra-High-Density Technology Suite is a collection of features and technologies designed to improve network performance and end-user experience in ultra-high dense environments – specifically stadiums, auditoriums, convention centres, transit hubs and lecture halls.

以下のラッカス特有な専有技術が含まれます:

利点:

デバイス、そして要求の厳しいアプリケーションが増加するにつれ、より高速で優れた Wi-Fi への需要は高まるばかりです。この需要は、オフィスにも、空港や電車の駅などの混雑したエリアにも見られます。

While the latest Wi-Fi standards like 802.11ax deliver more, by itself that is not enough. Ruckus’ unique technologies combined with the new standard 802.11ax enable our customers to deliver the best end-user experience in ultra-high dense environments.

Related Products and Solutions

VXLAN

管理の簡素化

概要:

VXLAN (Virtual Extensible LAN) は、規格ベースのカプセル化プロトコルで、既存の物理ネットワークに重ねてオーバーレイ ネットワークを実行できます。 An overlay network is a virtual network that delivers L2 services on the top of an exiting L3 network infrastructure creating new virtual L2 broadcast domains decoupled from the underlay network physical topology.

利点:

VXLAN では、ネットワーク エンジニアは L3 境界で分離されている物理的な場所にまたがってネットワーク セグメントを結ぶことができます。また、さまざまなアプリケーションとさまざまなユーザーまたはテナントのクラスの間でトラフィックを簡単に分離できるため、セキュリティとプライバシーが向上します。. キャンパス ネットワークで VXLAN をデプロイすると、新しい場所で素早くオンボーディングできるようになり、新しいアプリケーションやネットワークのキャンパス全体へのデプロイがシンプルになります。

Related Products and Solutions