マルチギガビット技術

一般的なネットワーキング技術

概要:

マルチギガビット技術と IEEE 802.3bz 規格は、2016 年に正式に 2.5GBASE-T と 55GBASE-T として導入されました。IEEE 802.3bz はツイストペア銅線経由イーサネットの規格で、速度は 2.5 Gbps または 5 Gbps です。

利点:

ギガビット接続は、何年間も便利に利用され、ラップトップやスマートフォン、その他のデバイスに遅延の少ないデータを高速で提供してきました。しかし、最新のアクセス ポイントの場合、1 GbE 接続では力不足であるため、有線ネットワークがパフォーマンスのボトルネックとなっています。マルチギガビット技術は 1 Gbps 以上で動作し、新たな 2.5 および 5 Gbps のデータ速度に対応しながら、一般的に導入されている Cat 5e (2.5 Gbps 用) および Cat 6 (5 Gbps 用) 配線も活用します。このため、企業は費用効率を最大限に高めながら中断を最低限に抑えて、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化することができます。Ruckus ICX Z シリーズ スイッチと Ruckus R720 アクセス ポイントは、マルチギガビット技術と 802.3bz に対応しているため、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化するために役立ちます。